2008年12月31日

不況が更に悪化するであろう2009年をサバイブするために読みなおしておきたい実用的ビジネス書10冊

今年は世界的な金融危機で、企業の倒産や大規模なリストラが相次ぐ暗い年でした。私もプライベートで一般企業を退職して、一時期職安に通っていたので、職探しに苦労している人たちをたくさん見ました。新しい勤め先でも、前にいた企業が倒産して転職してきた方が何人かいて、身近な所での不況の深刻化を肌で実感しました。

今回の不況は長期化するといわれているので、来年は今年以上に試練の年となるかもしれません…。しかし、くじけるわけにはいきません。こんな厳しい時代だからこそ、個人の能力を磨いて逞しく生きていかないといけない…ですよね!

というわけで、私が今年、本ブログを通して紹介した本を中心に、激動の2009年を生き抜くために役立つであろう実用的なビジネス書を10冊ピックアップしてみました。固い経済書ではなく、あくまで日々の生活や仕事で使える実用的な本に絞っています。「困難な時ほど基本に立ち返る」という真理のせいか、王道的な選択になりましたが、もしまだ読んでいない本があったら、ぜひ1度チェックしてみてください!


@「困難な時こそ基本に立ち返る」ための本

「原因」と「結果」の法則「原因」と「結果」の法則
James Allen 坂本 貢一

サンマーク出版 2003-04
売り上げランキング : 77
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


人は困難な時に、自分の不幸を環境のせいにしてしまいがちです。しかし、そんな時こそ、「今の自分の状況は自分の思いの結果なのだ」という原因と結果の法則を思い出すべきなのだと思います。要は「起きていることはすべて自分の捉え方次第である」という教えを説いた本書は、まさにあらゆる自己啓発書の原点ともいえる作品です。

A「辛い時こそ周囲の人を大切にする」ための本

人を動かす 新装版人を動かす 新装版
デール カーネギー

創元社 1999-10
売り上げランキング : 34
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


生活に余裕がなくなってくると、ついつい身の周りの人にきつくあたってしまいがちです。辛い時こそ、近くにいる人を思いやることが大切なのだと思います。特に付章の「幸福な家庭をつくる七原則」が役立ってくると思います。

B「背負いすぎていた荷物を捨てて身軽になる」ための本

すべては「単純に!」でうまくいくすべては「単純に!」でうまくいく
小川 捷子

飛鳥新社 2003-02-24
売り上げランキング : 3275
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


普通に生活しているだけでも、気がつくと重い荷物をたくさん背負ってしまっているのが今の世の中の定めだと思います。そんな時は、余計なものを全部脱ぎ棄てて、生活をシンプルにするのが一番です。

C「逆境に負けない目標達成力を身につける」ための本

-1063人の収入を60日で41%アップさせた-目標達成する技術 ~どんな目標も達成できる「成功の心理学」~-1063人の収入を60日で41%アップさせた-目標達成する技術 ~どんな目標も達成できる「成功の心理学」~
堀江 信宏

フォレスト出版 2008-12-12
売り上げランキング : 2
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一度決めた目標に向かって日々努力し続けるということは、容易にできることではありません。ましてや社会全体が暗いムードに包まれている時はなおさらです。そんな時こそ、目標達成する技術を身に付けて、逆境に打ち勝つ自分を作るのが大切だと思います。

D「困難をバネにして自分を成長させる」ための本

仕事は、かけ算。 ~20倍速で自分を成長させる仕事は、かけ算。 ~20倍速で自分を成長させる
鮒谷 周史

かんき出版 2006-06-07
売り上げランキング : 2368
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


著者の鮒谷さんも、勤め先の倒産による突然の解雇という困難を経験されましたが、そこから独自の「かけ算」思考により、ご存じ日本一のメルマガ発行者として大成功されています。本書でぜひ困難をバネにして成長する方法を学びたいところです。

E「会社に頼れない時代の個人ブランド力を身につける」ための本

トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ! (トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦 (1))トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ! (トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦 (1))
Tom Peters 仁平 和夫

阪急コミュニケーションズ 2000-03
売り上げランキング : 3258
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


会社に頼れない時代になったのを憂う人もいれば、これを活躍のチャンスと捉えて果敢に行動をする人もいます。著者のトムさんはまさに後者です。会社に頼れない時代は、ホワイトカラーの革命の時。個人が自分自身のブランドを構築して活躍する時代なのです。

F「情報化社会における労働生産性をアップさせる」ための本

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
勝間 和代

ダイヤモンド社 2007-12-14
売り上げランキング : 218
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


情報化社会における仕事のあり方を示してくれる本。著者の勝間さんは成功を精神論ではなく、技術論や道具を上手に駆使したライフハックにまで落としこんでいる所に人気の秘密があります。しかし、一番の魅力は勝間さん自身の生き方であるような気がします。

G「格差社会を生きる自分を棚卸しする」ための本

弾言 成功する人生とバランスシートの使い方弾言 成功する人生とバランスシートの使い方
小飼 弾

アスペクト 2008-09-25
売り上げランキング : 1417
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


バランスシートを自分自身に適用して棚卸しすることを薦める本。格差社会における自分の価値の高め、成功する方法を学ぶことができます。著者の小飼さん自身が、プログラミング、ブログ、投資など、現代社会を象徴するような分野でそれぞれ大成功をおさめているだけに説得力があります。

H「辛い時こそ己の心と体を安定させる」ための本

成功と幸せのための4つのエネルギー管理術―メンタル・タフネス成功と幸せのための4つのエネルギー管理術―メンタル・タフネス
Jim Loehr Tony Schwartz 青島 淑子

阪急コミュニケーションズ 2004-10
売り上げランキング : 27275
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


世の中が厳しい時に、自分の身体まで壊してしまったら本も子もありません。辛い時代だからこそ身体が資本になります。本書では、肉体のトレーニングを基礎にして、情動、頭脳、精神を鍛えて、エネルギーを全開にさせるための方法と習慣を学ぶことができます。

I「それでも諸般の事情で望まぬ失業をしてしまった時にとりあえず食べていく」ための本

退職してトクする失業生活バイブル退職してトクする失業生活バイブル
katsu

翔泳社 2008-05-15
売り上げランキング : 97912
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


どれだけ注意していても、今の時代いつ勤め先を解雇されてもおかしくありません。もし転職先等も決まっていない状態で、止むを得ず失業せざるを得ない場合に是非読んでおきたい本です。ハローワークの利用方法、雇用保険のもらい方、失業生活の暮らし方、転職のコツなど具体的なノウハウが満載です。(本書はブログでは紹介していません。)

【総論】

以上、試練の1年を乗り切るための実用的ビジネス書を選定してみました。人間は幸せな時よりもむしろ、辛い時にこそ、その本性が現れるのだと思います。困難な時こそ自分自身の真価が問われます。自分を見つめ直し、心と体を鍛え、知恵を身に付け、スキルを磨き、試練の2009年を乗り切って行きましょう!!

  
posted by サンシロー at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフハック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

【これは役立つ!】サイフやケータイを絶対に無くさないための5つのコツ

こんばんは、サンシローです。

本日は誰もが悩んでいるであろう「モノを無くしてしまうクセ」を直すコツをご紹介したいと思います。

私も学生の頃までは本当〜に、モノを無くす人間で、起きている時間の5分の1くらいは何かモノを探すことに奪われていたと思います。(今思えば何て無駄な時間を過ごしていたことか…)

しかし、部屋やオフィスの中など、「どこで無くしたのか分かっているモノ」に関しては、そこで探せば見つかるので、それほど問題ではありません。改善策としては、いわゆる「整理術」などを実践することで、かなり防ぐことができるようになります。

問題は、「どこで無くしたのか分からない場合」です。

例えば、外出時に何かを無くしてしまい、どこで落としたのか分からないという場合なんかがそうです。特にサイフやカギなんかを無くすと本当にへこみますよね。テンション下がるなんてもんじゃないくらい落ち込んでしまいます。

それでは、そのような無くしモノを防ぐにはいったいどうすればよいのでしょうか?いか、私が普段心がけているコツを5つ紹介します。



【大切なモノを無くさないための5つのコツ】



■コツ@ 絶対に無くしたくないモノを3つ決める。

まずは自分が絶対に無くしたくないというモノを3つ決めましょう。その際は、「普段自分が持ち歩くモノ」の中から選んでください。理由はもちろん、普段持ち歩くモノの方が持ち歩かないモノより圧倒的に無くす可能性が高いからです。

普段持ち歩かないモノはずっと同じ場所に保管しておけば良いのです。しかし、普段持ち歩いているモノは常に場所を移動しているだけに、置き場所を忘れてしまったり、落してしまってりして紛失してしまうリスクが高くなります。

ちなみに私の絶対に無くしたくないモノは、

 ・サイフ
 ・ケータイ
 ・手帳


の3つです。どなたでもそうでしょうが、この3つは無くすと本当にダメージを受けます。ケータイに会社で使う個人情報などが登録されていた場合は下手するとクビになってしまいます(汗)

もちろん「無くしたくないモノが3つ以上ある!」という方もいると思います。デジカメとかiPodとか。しかし、常に意識しておけるのはせいぜい3つくらいだと思います。欲張ってしまったばかりに、一番大切なモノをなくしてしまっては本も子もありません。(何だか人生の教訓みたいですね…)ただ、どうしてもという場合はキリのいい「5つ」くらいにおさえておくのがよいと思います。


■コツA 過去の自分の紛失体験を分析する。

次に自分の過去の紛失体験を洗い出しましょう。時間管理術などでもまず自分の普段の時間の使い方を分析しますよね。あれと同じで、自分のモノを無くす癖というものを分析して予め認識しておくことが大切です。

ちなみに私の場合は、

 ・電車の手すりに傘をかけっぱなしにした。
 ・電車の網棚にリュックを置き忘れた。
 ・喫茶店のテーブルの上にサイフを置き忘れた。


などなど…。人によって色々なケースがあると思うので、過去のイヤ〜な体験を一度思い返してみましょう。


■コツB 置く場所を決めていつも必ずそこに置く。

これはモノをなくさないための基本ですね。オフィスや自宅など、自分が普段活動している場所それぞれでモノを置く場所を決め、決めたら必ずそこに置くという習慣を徹底しましょう。

ここで1つポイントがあって、それは「移動中にしまっておく場所も決めておく」ということです。例えば、私の場合はサイフはバッグの中の右ポケット、ケータイは左ポケット、手帳はジッパー付きのポケットの中、など。こうしておくことで、移動中の紛失の確率を軽減させることができます。


■コツC 移動する時は必ず指差し確認する。

「そんなおおげさな!」と仰るなかれ、これが一番重要なのです。上記の私の例からも明らかなように、モノを無くすケースというのは、「ある場所から他の場所へ移動する時」が一番多いのです。(統計取ったわけではありませんが。)

飲み屋のテーブルの上にケータイを置いておいたら、酔っぱらってしまってそのまま置き忘れて出てきてしまった、ということよくありますよね。そのように、「場所を移動する時」こそモノを無くしてしまう魔の瞬間なわけです。

私の場合は、移動する時は必ず「サイフ、ケータイ、手帳!」と頭の中で唱えながら、手で触れて確認を取ります。面倒な時でも、最低でもそれぞれ目視はして確認するようにします。


■コツD 席から立ち上がった時は振り返って必ず座席を確認する。

移動時の悪魔を退治するための最後の詰めとして、どこかでも席から立ち上がった時は、必ず振り返って座席に何も置き忘れていないことを確認しましょう。特にタクシーの座席などは、結構深く腰掛けるためポケットの中のカギとかが飛び出てしまうケースがよくあります(私ですが…)。ケータイが落ちてしまうなんてこともありますよね。

そうならないためにも、自分が立ちあがった後の座席は必ず目で確認する。そうすれば、「自分はその場所では何も忘れ物がないな」と安心した上でその場を立ち去ることができるのです。それに、万一何か無くした場合でも、その場所を紛失場所候補から除外することができるのです。


以上になります。いかがでしたでしょうか!?

私は上記のコツを日々実践し始めてから、幸い「サイフとケータイと手帳」は1度も無くしたことがありません。今後もこの習慣は続けて、この3つの「無くしたくないモノ」だけは絶対に無くさないように努めたいと思います。いや、ほんと、無くしたらシャレになんないですからね…(汗)

みなさんもご賛同いただけたら、ぜひ日々の生活で実践してみてください。そして、みなさんの大切なモノを絶対に無くさないようにしてあげてください!!



★今回の内容、気に入っていただけたら、
 ぜひ1クリックお願いいたします!!


banner_red.gif

「悩み別 ビジネス書のサプリメント」TOPへ
  
posted by サンシロー at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフハック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

【仕事術】新しい仕事を最速で覚えるための10の方法

★ランキング強化月間実施中★

みなさまの応援クリックのおかげで、
少しずつランキング上昇していますグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)exclamation×2

現在のランキングの確認はコチラ→ランキングへGO!!

本日も応援クリックよろしくお願いいたしますm(_ _)m

↓↓↓↓↓↓
banner2.gif

-----------------------------------------

おはようございます、サンシローです。

本日は、「仕事の覚え方」について考えたいと思います。

個人的にこれから新しい職に就くため、自分用のメモとして一度整理して考えておきたいとうのが理由のひとつです。また、転職や異動などで新しい仕事を担当する予定の方などにも何らかのお役に立てればと思います。


【最短で新しい仕事を覚える方法】


@仕事の全体像を理解する

 新しい仕事に就いたら、まずはその仕事の全体像を理解することが重要です。
 全体像を理解することで初めて、自分の担当する仕事の位置が分かり、
 どのような役割を果たせばいいのかが見えてきます。
 
 全体像を理解する際は、自分の配属された部署だけでなく、関連部署、
 更には会社全体の目的や事業内容を把握することがベストです。
 そうすることで、ブレのない臨機応変な行動ができるようになります。


A自分が何を要求されているのかを理解する

 全体像を理解すれば、自ずと「自分が会社から何を求められているのか」が分かってきます。
 当たり前のことですが、社会に出て働く場合は、まずどんな時でも、
 「自分が何を求められているのか」を考えるべきです。

 これは、私が以前いた会社でOJTなどをやった時に感じたことですが、
 自分が要求されていることを考えない人は、概して自分勝手な人が多いようです。
 
 会社が要求することよりも、自分がやりたいかどうか、楽しいかどうか、
 面倒臭くないかどうか、などを優先して考えてしまうのです。
 これではいつまで経っても成長することはできません。


B仕事の成果ポイントを理解する

 会社から要求されることが分かってくると自ずと「成果ポイント」も見えてきます。
 成果ポイントとは、文字通り自分が担当する仕事で成果を収める際の
 ポイントとなる事柄です。

 成果ポイントを考える上で忘れてはならないのが「会社からの評価」です。
 自分自身が「成果」だと思っても会社から評価されなければそれは成果ではありません。
 そういう意味で、会社はどういう仕事を「成果」と見なすのかを把握することが
 重要になってきます。


C一人前になるまでの期間を決める

 仕事を最短で覚えるためには、最初に期限を決めてしまうのも重要です。
 期限を決めないと、上司や先輩に聞きながらダラダラ仕事をしてしまい、
 いつまで経っても半人前のままになってしまいます。

 以前私がいた会社にも、入社して2年も3年も経つのに万年新人という人がいました。
 少しでも分からないことがあると全部上司や先輩に聞かないと何もできないという人が…
 
 そうならないためにも、まずは、3か月で基本業務をすべて覚えるとか、
 1年で一人前になるとか、目標を持って期間を区切ることが重要だと思います。
 

D職場の人たちの名前をすべて覚える

 当り前のことですが、配属先の職場の人たちの名前は速やかに全て覚えるようにします。
 名前を覚えたら、相手の忙しさなど様子も伺いながら、積極的にこちらから
 声をかけてコミュニケーションを取り、早く職場に慣れるようにします。

 最初の内は仕事のやり方が分からないので、どうしても周囲の人に聞く必要があります。
 しかし、職場に慣れていなくて周囲の人に聞きづらい状態だと
 いつまでも一人で悩み込んでしまうことになってしまいます。

E職場の人たちの人間関係を把握する

 なるべく早めに職場の人間関係も把握するようにします。

  ・誰と誰が仲が良いのか、悪いのか。
  ・一番権力を持っているのは誰なのか。
   (これは往々にして勤続年数の長い女性アシスタントさんである場合が多いです。)
  ・恋愛沙汰が有るかどうか。
   (誤ってアプローチしたりしないため…)

 …などなど。

 中でも一番重要なのは先輩と上司の関係でしょうか。
 例えば先輩と上司の考え方に食い違いがあると、先輩から指示された通りにやっても、
 上司からは評価されないなんて事態が出てくるからです。


F職場の暗黙のルールを感じ取る

 悲しいかな日本の職場では、ある程度「場の空気」に従うことがどうしても求められます。
 例えば、昼は社内にいる人たちと一緒にご飯を食べるとか、
 夜は先輩より先に帰ってはいけないとか…

 慣れてきたら徐々に自分の要求を通すことも重要だと思うのですが、
 最初の内はとにかくその職場の暗黙のルールに従うのが賢明です。
 やはり「郷に入っては郷に従え」なんですね。


Gマニュアルを熟読する

 職場にマニュアルが用意されている場合は熟読するようにします。
 マニュアルにはその仕事のエッセンスが詰まっているからです。
 参考書のようにマーカーで線を引いたりしながら、速やかに暗記してしまいましょう。


H社内リソースを徹底的に集める

 どんな職種でも、その業務を遂行する上で必要なリソースは社内に必ず用意されています。
 例えば、営業職の場合は製品資料や顧客リスト、受注システムなどです。

 必要なリソースはすぐに集める、また使い方を覚える必要があるものは、すぐに覚える。
 そうやって、万全に仕事をするための「インフラ」を早急に整備することが重要です。


I仕事ができる人を見つけて観察する

 仕事ができる人、仕事が早い人の行動を観察することは、どんなマニュアルを
 読むのよりも一番の勉強になります。新しい職場に配属されたらまずは
 良きお手本を見つけることが重要です。

 マニュアルではなかなか学べず、お手本からしか学べないこととしては、
 次のような事柄が挙げられると思います。

 ・上司への報告の仕方
 ・上司から予測不能な命令を受けた時のかわし方(おいおい!)
 ・細かい仕事の段取りの仕方
 ・お客さんとのちょっとしたやり取りの仕方
 ・ちょっとしたトラブルの時の対応の仕方
 ・職場でのふるまい方
 ・アシスタントさんへの仕事の頼み方 などなど



以上、新しい職場での仕事の覚え方について考えてみました。

早く一人前になれば、それだけ無駄な悩みからも解放されストレスフリーに仕事ができるようになります。そうやって、仕事で成果を出して、趣味も楽しんでという生活を実現させたいですよね。



★今回の内容、気に入っていただけたら、
 ぜひ1クリックお願いいたします!!


banner_red.gif

「悩み別 ビジネス書のサプリメント」TOPへ
  
posted by サンシロー at 08:28 | Comment(6) | TrackBack(0) | ライフハック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

【アイデア】会社を辞めたい!と思った時に思い出したい「組織にいることのメリット5つ」

おはようございます、サンシローです。

プロフィールなどにも書いているのですが、私は今年の夏に勤め先を退職しました。

目標があって辞めたので、退職したこと自体は特に後悔していません。

しかし、それでも、辞めた当初の「存在の軽さ」のようなものには、結構身に沁みるものがありました。定収入とか保障とか以外にも、「辞めて見て初めて分かった組織のありがたみ」というものが確かに存在しました。

そこで、本日は私サンシローが、会社を辞めて思い知った「組織にいることのメリット」をご紹介したいと思います。(ちょっと悲しいですね…笑)会社辞めちゃおうかな…と思っている方などに是非読んでみていただければと思います。



@「人から学ぶ機会」を毎日得ることができる

会社に所属していると、同僚、上司、部下、先輩、後輩など様々な人たちと接することができます。加えて、顧客や仕入れ先など、社外の人たちとの付き合いも当然あります。

会社に所属していなくても、家族や友人などの人間関係は当然存在します。しかし、会社の人間関係がそれらと違う所は、「利害関係」をすべての基礎にしている所です。

利害関係が基礎になっているからこそ、会社の中では、自分の都合だけで行動することは許されません。

 ・会社は自分に何を求めているのか
 ・顧客にメリットを与えるにはどうすればいいのか
 ・自社も仕入れ先も“Win-Winの関係”になるにはどうすればいいのか
 ・トラブルの損失を最小限に抑えるにはどうすればいいのか
 ・後輩を早く一人前にするにはどうすればいいのか

…などなど、挙げればキリがありませんが、

要は、すべての行動で、「自分は何を求められているのか、どうすれば他人にメリットを提供できるか」を考える必要があるのです。

そのような人間関係は、自分に大きな学びと成長の機会を与えてくれます。組織に属していれば、放っておいても組織が毎日「人から学べる機会」を与えてくれるのです。(無論、そこから何かを学び取ろうとする主体性が必要ですが)


A自分が「何者か」でいることができる

これは人によって異なるかもしれませんが、会社に属していると、自分のアイデンティティーがある程度安定してきます。電話かけたり、メールを書いたりするたびに、「○○会社の××です」と言っていると、自然とそういうアイデンティティーが構築できてくるのです。

要は、組織が自分を「何者か」にしてくれるのです。

組織に属していると、「何者でもない」学生時代に感じていたあの心の苦しみはいくらか軽減されます。幸い、私は就職してから「アイデンティティークライシス」に見舞われたことはほとんどありませんでした。こんなに組織って居心地がいいものなのかと驚いたりもしました。

無論、「組織が与えてくれるアイデンティティーなんていらないよ!」という意見もあると思います。(本来は私もそうです。だから辞めたのです。)しかし、組織に属して、自分自身を安定させて、社会に貢献するということは、間違ったことではないと私は思います。


B特定の人たちと定常的に会うことができる

これは寂しさの問題です。会社は定常的に「人と会う機会」を与えてくれます。もし会社に属していないと、自分から働きかけない限り人と会う機会はなくなってしまいます。

例えば、高校時代の友人に会うとかでも、自分から飲みに行こうと誘わないといけません。(もちろん誘ってくれることもありますが)しかし、そうやって誘っても、いざ会って飲んだらそれで終わりです。大抵は「会う機会」はスポットで終わってしまうはずです。

しかし、組織に属していれば、毎日特定の人たちと強制的に会う機会が生まれます。(無論、これが逆に悩みの種になるケースもあると思いますが。)私の場合は、幸い周囲に恵まれていたので、辞めた当初はこの「特定の人たちと毎日会えない」という事態から生じる孤独感はかなりのものでした。


C日々の目的を得ることができる

「人間は自由を求めてばかりいるが、いざ自由になってみると、今度はそれに耐えられず逆に逃げ出してしまう」ということを言った人がいます。(フロムですね。)同じように、人間は「目的」がなくなってしまうと、何をすればいいのか分からなくなり、たまらなく不安になってしまうのです。

しかし、組織に属していれば、「目的」は組織が与えてくれます。しかもご丁寧なことに、その目的を管理までしてくれます(笑)。だから、窮屈である一方、必要以上に「自分は何をやるべきか」と頭を悩ませることもなくなるのです。

私も長期的な目標は持って会社を辞めたのですが、それでも会社が日々与えてくれていた細かいタスクは、あれはあれで有難いものだったんだなと、今では思います。


D生活にメリハリが出てくる

これはCとも関係しています。会社に属していると、朝礼、会議、顧客訪問、プレゼン、事務作業、打ち上げ、合コン(オイオイ!)など、それなりに色々なイベントが発生します。

会社に属していると割とうっとうしく感じたりするこれらのイベントが、いざ会社を辞めてみると、結構貴いものだったのだと分かってくるのです。(悲しいなあ〜笑)

会社に属していても毎日決まったルーティンワークだから、退屈だなと思うものです。しかし、会社を辞めるとそこに待っているのは、パン生地をどこまでも引き延ばしていったような変わり映えのしない単調な日々なのです。(まあ時間とお金に余裕があれば最初の内はそこそこ楽しめるとは思うのですが)

月曜から金曜まで働き、土日に休むというサイクルも今思えば生活にメリハリを与えてくれていたんだなと思います。苦痛に耐えて1週間働くからこそ、金曜夜のあの開放感が味わえるんですよね。



以上、サンシローがおくる「組織にいることのメリット5つ」でした。

そんなに組織を褒めるんだったら辞めなきゃよかったじゃんよ〜と言われそうですが違うんです。

自分としても「嫌だから辞める」という状況にはしたくなかったのです。(だってそれは単なる逃げですからね。)組織に所属して働くことは素晴らしい。でも、自分には別の目的があるから辞めた、のです。

ところが、自分の周りには「組織は嫌だから辞めたい!」という人が少なからずいました。いやあ、それでも取り返しのつかないことしちゃうよりましだからいいんだけどさあ、でも組織にもこんなメリットがあるんだよ!

そんなことを伝えたくてこのエントリを書きました。でも実際には、上に書いたようなことも結局は皆それぞれ自分が会社を辞めてみないと実感できないことかもしれません。だから、どれくらい意味がある内容かは分からないのですが、それでも、読んでいただいた方が何かしら思ってくれれば幸いです。

★今回の内容、気に入っていただけたら、
 ぜひ1クリックお願いいたします!!


banner_red.gif

「悩み別 ビジネス書のサプリメント」TOPへ
  
posted by サンシロー at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフハック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

【仕事術】iGoogle情報収集術

おはようございます。

本日は遅ればせながら最近使い始めたiGoogle」の素晴らしさについてご紹介したいと思います。

「iGoogle」って前は「Googleパーソナライズド」とかいう名前でしたよね。(「Googleホームページ」なんて名前もあったような…)前から存在は知ってたんですが、ポータル画面をカスタマイズできる機能としか認識していませんでした。

1度試しに使ってみたことはあるんですが、単純にポータル画面の充実度でいったらYahoo!にはかなわないなと思い、特に使用はしていませんでした。

ところが最近になって、WEBでの情報収集のトランザクションが多くなってきて何か良い方法はないかと探した所、行き着いたのがこの「iGoogle」だったのです。

私は以前も書きましたが、ITスキルはセルジュニアレベル(サイバイマンでしたっけ…?)なので、お気に入りブログもいつもわざわざブラウザのブックマークから見に行っていました。

そのため、アクセスしても「まだ更新されてないな」ということがしょっちゅうありました。はてブも頻繁に見に行っては「目新しい記事がないなあ」とがっかりしたりしていました。

そこでGoogleリーダーを導入しようと決定したのですが、また開く画面が増えるのも面倒だなと思い躊躇していたところ、「iGoogle」のがジェットで更新状況の一覧が表示されることを知りました。

これは使える!と思い早速「iGoogle」を再開、普段情報収集に使っているツールをどんどんひとつの画面に集約していきました。そうすると、

・Gmail
・Googleリーダー
・はてブ
・YouTube
・kizasi


などの更新状況が1画面で閲覧できてしまうんですよね!これは本当に便利だと思いました。いちいちブラウザのブックマークで別々のタブを立ち上げることなく1画面で更新状況をすべてチェックすることができる。これは情報収集の工数がかなり削減されます。

特にGoogleリーダーは最高ですね。更新されていないブログへのアクセスが皆無になったので大幅な時間短縮です。

ただ、ブログを書いている方の身としては、更新していない時も過去記事などを見にアクセスしてきていただけると結構嬉しいんですよね…。それにフィードの閲覧だけで終わってしまうとそもそもアクセスすらしていただけないという…

人気ブログが「続きを読む」などの追記機能や、フィードの字数を制限したりして、何とかアクセスしてもらおうと工夫しているのも分かりますよね。

私のブログも…RSS登録していただける方が増えてきたら対策考えたいなと。まあまだまだ先の話になりそうなんですけどね(^^)

【iGoogleお役立ちサイト】

今回参考にさせていただいたリンクをご紹介します。

iGoogleの使い方!
iGoogle(iグーグル)の使い方まとめ
iGoogleの便利な使い方を教えてください。


★今回の内容、気に入っていただけたら、
 ぜひご投票をお願いいたします!!


banner_red.gif

「悩み別 ビジネス書のサプリメント」TOPへ



  
posted by サンシロー at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフハック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

【保存版】【読書法公開】読書術のまとめ&サンシロー式「OneNote」読書術

本日は趣向を変えて、私の読書術を公開したいと思います。

読書術と言ってもそんなにおおげさなものではなくて、
今まで読んできた数多くの読書術系の本から、自然と自分の中に
沈澱していったモノを最構成したようなものです。

随時参考にした本も挙げていきますので、
興味を持たれた方は是非ご覧になってみてください。



【サンシロー式「OneNote」読書法】



@本とは自分の「知」を開発するためにある

人によって読書の目的は様々だと思います。単純に楽しむため、暇つぶしのため、知識を得るため…などなど。しかし、私はそのような目的はどれも読書以外でも代用できるものばかりではないでしょうか。

例えば、単純に楽しむためだけだったら、映画とかゲームの方が面白いんじゃないかと思ってしまうのです。ストーリーが決まっている小説より、「かまいたちの夜」みたいなサウンドノベルの方が面白いという意見もあると思います。

それでは読書の目的とはいったい何なのか。梅棹忠夫さんは言わずと知れた名著『知的生産の技術』で次のように述べられています。

知的生産の技術 (岩波新書)
知的生産の技術 (岩波新書)梅棹 忠夫

岩波書店 1969-07
売り上げランキング : 2931

おすすめ平均 star
star目から鱗
star知的作業の原点
star元祖知的生産本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「読書においてだいじなのは、著者の思想を正確に理解すると共に、それによって自分の思想を開発し、育成することなのだ」(P.114)

私たち一般人にとってみると「思想」というとちょっとおおげさなので、
ここは知識、認識、思考などあらゆる頭を使った活動をひっくるめた「知」と呼んでいいのではないでしょうか。

つまり読書とは「知」を開発するためにするものなのです。

そのため、私はビジネス書に限らず、小説を読む際も「知」を開発することを第一の目的にしています。

私は小説を読むときはたいてい、いわゆる「純文学」と呼ばれる本を読んでいます。純文学は常識的なものの見方とはズレた、時にはそれをぶち壊してしまうような「世界観」や「価値観」を教えてくれます。こういったものは本当に純文学じゃないとなかなか学べないんですよね。

A理に適った速読術を利用する

速読術というと、1分間に数万字読むとか、10分間に文庫1冊読むという
「ほんまかいな?」と疑いたくなるような常軌を逸したものを思いう浮かべる方も多いと思います。

ここでは、一般人でもできるより現実的な速読術を取り上げます。

以前記事にもしたのですが、斉藤英治さんの『王様の速読術』をベースにします。この本は、著者ご本人が「あらゆる速読術のいいとこ取り」と言われているだけあって、オールマイティで合理的な方法になっています。

王様の速読術
王様の速読術斉藤 英治

ダイヤモンド社 2006-05-12
売り上げランキング : 1430

おすすめ平均 star
star効率的な情報収集法
star納得できる速読術
star2割で8割

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


詳細は以前の記事を読んでいただくとして、ここではポイントだけ再度列挙します。

「王様の速読術では、30分の速読時間を三段階に分けて考える。
 第一段階では、プレビューを5分間行う
 第二段階では、5分間で全ページを写真読みしていく。
 第三段階では、残りの20分間を使ってスキミング法で読んでいく。」(P.55)


いわゆる「フォト・リーディング」をシンプルにしたような読み方です。この速読術の理にかなっている点は、まずプレビューや写真読みで「本の全体の構造をつかむ」こと。その上で、「自分に必要な箇所のみ拾い読み」していくことです。

全体の構造をつかまず拾い読みをしてしまうと、理解が誤ってしまうことがあります。だからこそ「組織的な拾い読み」が必要になるのです。この辺りに関しては、名著『本を読む本』の「点検読書」に書かれています。
本を読む本 (講談社学術文庫)
本を読む本 (講談社学術文庫)Mortimer J. Adler Charles Van Doren 外山 滋比古

講談社 1997-10
売り上げランキング : 541

おすすめ平均 star
starあなたにルールとプロセスを導入する良書
star是非身につけたいスキル
star読書の目的が意識化できました

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さて、全体の構造をつかんだ後の「拾い読み」についてですが、これも効率化をすることができます。私たちはよく本を読んでいるときに、頭の中で声を出す「黙読」という読み方をしています。しかし、これではスピードに限度が出てきてしまいます。

この問題を解決してくれるのが、松田真澄さんの『<目と脳がフル回転>速読らくらくエクササイズ』です。この本は、文章を音声化するのではなく、「文字情報として認識してイメージを喚起する」読み方を提唱されています。

<目と脳がフル回転>速読らくらくエクササイズ
<目と脳がフル回転>速読らくらくエクササイズ松田 真澄

日本実業出版社 2004-12-09
売り上げランキング : 4516

おすすめ平均 star
starやっぱりいいですね
star文章を読む(認知する)技術入門
star毎日練習できる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こうすることによって、

 文章→音声化→イメージ→理解

という流れから、

 文章→イメージ→理解

という流れに短縮できるというわけです。

この本には、速読理論の詳細だけでなく10種類以上のエクササイズも紹介されており、そのすべてに「なぜこのトレーニングをするのか」という理由・目的が解説されています。そのためひとつひとつ納得した上でエクササイズができるのが良いところです。

B本を徹底的に自分のものにする

速読をして「この本は内容を自分に血肉化すべき」と判断したら、今度は丁寧に「熟読」をしていきます。読書とは「知」を開発するためにあるのだから、本とはそのための「ツール」ということになります。だから「ツール」は徹底的に使い込んだ方がいい。

本を使い込むとは、具体的には重要個所に線を引いたり、書き込みをしたり、ページに折り目をつけたり、といったいわゆる「本を汚す」ということです。

本を汚すことに抵抗があるという人もいると思いますが、読書の目的とは「本を綺麗に保存すること」なのではなく、「自分の知を開発すること」なのですから、自分の知のツールとして徹底的に使い倒すべきなのです。

「本を汚す」という読み方は、学術分野では当たり前のことだったのですが、それをビジネス書に適用したのが、これも言わずと知れた名著、本田直之さんの『レバレッジ・リーディング』です。

レバレッジ・リーディング
レバレッジ・リーディング本田 直之

東洋経済新報社 2006-12-01
売り上げランキング : 825

おすすめ平均 star
starビジネス書を読むべき理由
star読書に金銭的価値を持たせる方法とは?
star最初に読むべきノウハウ本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本は、重要な所に線を引く、読んだことを文章にまとめるといった昔ながらの読書法を、ビジネス書に適用したという所に、アイデアの新鮮さがあったのではないでしょうか。

C「OneNote」に学んだ事をまとめる

さて、『レバレッジ・リーディング』でも提唱されている「読んだ本の要点をパソコンに入力する」という読書法ですが、1点難点があります。

それは普通にWordなどのワープロソフトに入力していくと、どんどん本が増えるにつれ、ファイルの管理が煩雑になってくるということです。

1日1冊以上のペースで読んでいると、当然ファイルもどんどん増えていき、「あの項目が書かれていたのはどのファイルだったけ?」ということになります。Google Desktopを使えばいいじゃないかという意見もありそうですが、それもおいちいちファイルを開くのが面倒です。

そこで登場するのがマイクロソフトの「Microsoft Office OneNote 2007」です。

Microsoft Office OneNote 2007
Microsoft Office OneNote 2007
マイクロソフト 2007-03-02
売り上げランキング : 1604

おすすめ平均 star
star便利だけど、ノートやメモにはちょっと仰々しい。
star重宝しています
starアイデアノートでも備忘録にも

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このソフトはOffice PersonalにもProfessionalにも入っていないので、影が薄いソフトなのですが、本当に使えるので絶対おススメです。

このソフトの良い所はワードと違って、書いた文章に自動的に紙のファイルと同じようなインデックスが張られて管理できる所です。

例えば、「レバレッジ」というインデックスを作り、そこに読んだ本の内容を、見出し付きのページに分けながら、どんどん入力してけるのです。

※こんな感じです。
OneNote.bmp
見にくくてスミマセン…ちなみに私のはまだ2003です。

どれだけページが増えても、One Noteを一度起動すれば、ファイルを開く必要もなく、非常に便利です。

また、入力した文章に様々な加工ができるのも魅力です。マウスで「手書き風」の書き込みもできますし、WEBで見つけたコメントや画像なども手軽にどんどん貼り付けられます。

こうして1つのページにあらゆる情報をまとめ、それを本田さんの「レバレッジ・メモ」の様にプリントアウトして持ち歩けば、自分の「知」を高める最強のツールが出来上がります。

D本で学んだ事を実践する

これは多くの本で提唱されていることです。本を読むだけで終わりにするのではなく、日々の生活で実践していくわけです。

自分の「知」を高める実践としては、次のようなことが挙げられます。

・読んだ内容を人に話す
・読んだ内容をもとに自分で考えを広げてみる
・考えたことを文章にして発信する
・本の内容に関係した別の本を読んでみる
・同じ分野の本を大量に読み専門知識を身につける


などなど…

こうして積極的な読書を重ねていけば、自分の「知」は飛躍的に開発されていきます。

日々絶えまぬ努力をして、自分独自の「知」を開発できた人だけが、
この世界で威力を発揮するブランド「情報発信者」になれるのだと思います。



★今回の内容、気に入っていただけたら、
 ぜひご投票をお願いいたします!!


banner_red.gif

★ブックマークもぜひ!!
  
posted by サンシロー at 08:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフハック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。