2008年11月06日

【本日OPEN!】ブックファースト新宿店・レポート

★ランキング強化月間実施中★

みなさまの応援クリックのおかげで、
少しずつランキング上昇していますグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)exclamation×2

現在のランキングの確認はコチラ→ランキングへGO!!

本日も応援クリックよろしくお願いいたしますm(_ _)m

↓↓↓↓↓↓
banner2.gif

-----------------------------------------

こんばんは、サンシローです。

今日は趣向を変えて、本日OPENのブックファースト新宿店レポートをお送りしたいと思います!

コクーン遠景a.JPG

新宿といえば、紀伊国屋やジュンク堂など大型書店が立ち並ぶ激戦区。
ブックファーストも今まで南口のLUMINE1・2に2店舗展開していたのですが、今回西口最大規模の店舗がOPENしました。

ブックファースト新宿店が11月6日にオープンします!

新しくできた超高層ビル「コクーンタワー」のB2F〜B1Fまでを占める、約1000坪の巨大スペースに収容。新宿駅から都庁方面へと続く地下道に直結しています。(ちなみに1Fにはオシャレなカフェがあります。)

正面.JPG

これだけの規模ですから、当然品揃えは抜群で、よほどのマイナー本などでない限り大抵は揃いそうです。「歴代サイン本フェア」、「70年台生まれの小説家特集」など、オリジナルコーナーも充実していて、何時間でも楽しめそうな内容です。

しかし、スペースが広いだけに、最初はどこに何があるのか分からず結構迷いました。行き慣れた紀伊国屋東口店とか、ジュンク堂新宿三越アルコット店とかと違い、結構フロアの作りが複雑に感じました。階数自体は2階だけなのですが、B2FとB1Fそれぞれが、またジャンル毎に分かれていてまるで迷路のようでした。それぞれ会計が別というのもちょっと不便な気もしたました。

店内.JPG


店員さんは名札に「トレーニー」と書かれた新人さんが多く、まだ慣れていない印象でした。私が本を買う際に担当してくれたレジの方なんかは、カバーをかける時に指が異様に震えてて大変そうでした(笑)

出版関係者の方々も多くいらしていて、みなさん熱心に店員さんを捕まえて営業活動されていました。私も、学生時代に、飲料メーカーのマーケティングスタッフのアシスタントをしたことがあります。各スーパーの売り場責任者に交渉し、いかに新製品のために魅力的なスペースをもらえるかが勝負の世界でした。業界は違えど、やることは大体同じなんですね。

とまあ色々書いてきましたが、新宿西口から直結している点、2フロアですべて回れる点など、総じて非常に魅力的な店舗であることは間違いありません。あの伝説の巨大店舗、ブックファースト渋谷店がなくなって悲しんでいた私にとっては、最高のごちそうでした。

みなさんも機会があればぜひ足を運んでみてください!!

【追伸】

本日購入した本は下記の2冊。

OPENキャンペーンで、2000円以上購入の人にオリジナルブックカバープレゼントということで、無理やり2冊購入してしまいました(笑)※確か11月10日までの期間限定だったと思います。

アーキテクチャの生態系――情報環境はいかに設計されてきたかアーキテクチャの生態系――情報環境はいかに設計されてきたか
濱野 智史

エヌティティ出版 2008-10-27
売り上げランキング : 1989

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


竹中式マトリクス勉強法竹中式マトリクス勉強法
竹中 平蔵

幻冬舎 2008-10
売り上げランキング : 20
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「アーキテクチャーの生態系」は結構専門的なメディア論の本なので、私の裏ブログで紹介することになりそうです。

それと本の海に疲れた後は、1階のオシャレなカフェがオススメです!
センスのいい本棚に加えて、ネットやiPod touchが設置された席まで用意されています!価格もリーズナブルだし、ヘルシーな弁当やサンドイッチまであり、これはポイント高いですよ〜

カフェ.JPG

これから通いまくってホームグラウンドにしちゃいますよ〜!


★今回の内容、気に入っていただけたら、
 ぜひ1クリックお願いいたします!!


banner_red.gif

「悩み別 ビジネス書のサプリメント」TOPへ
  
posted by サンシロー at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | はみだしコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

【コラム】できるビジネスマンはみな早起き

【コラム】

「できるビジネスマンはみな早起き」とよく言いますよね。

私のいた職場でも、平社員よりマネージャー職の方が圧倒的に出社が早かったです。

単に管理職だからお手本としてという理由だけではなく、
とにかく少しでも早くに出社して仕事に取り掛かりたいという意志が見られました。

早起きは三文の得ばかりか、出世にダイレクトに結びつくのかもしれません。

でも早起きって、ほんと苦手な人には難しいんですよね・・・

私も長らく始業15分前くらいの出社が常でした。
何でそんなに早く来てまで仕事しなきゃいけないんだ!と思ってました・・・

そんな自分が変わったのは、仕事がどんどん忙しくなっていって、
自分のやりたいことが全く出来なくなっていったからです。


だからどうにかして時間を作ろうと思い、行き着いたのが「朝の時間」だったわけです。

それからというのも、私は毎朝6時には起きて、30分ほどで支度し、
6時半には家を出るという習慣に変えました。

そして、会社に向かう途中の経由駅のスタバによって、カフェラテを飲み、
チョコスコーンをほおばりながら、ビジネス書を読むことを日課にするようにしたのです。

私にとっては甘いものを食べることと、本を読むことが最高の喜びなので、
朝眠い時もスコーンや読みかけの本を思い出せば、何とか起きることができました。

このように、朝に何か楽しみを作るとダンゼン早起きしやすくなります。

私自身は、できるビジネスマンには程遠い人間だったのですが、
そもそもなぜ、「できるビジネスマンは早起き」なのか。

それは早朝が一日の中で一番自己投資に適した時間だからではないでしょうか。

営業時間はもちろん、夕方や夜はいろいろな予定が入ってどうしても不規則になりがちです。
だから、自分で投資に使おうと思っていても断念せざるをえないケースが出てきてしまいます。

しかし、早朝であればたいてい人には邪魔されません。
朝起きたばかりのすっきりした頭で思う存分自己投資ができるのです。

・・・と、今回はほとんど私の話だけになってしまいましたが、一冊紹介させてください。
高井伸夫さんの『朝10時までに仕事は片づける』です。

朝10時までに仕事は片づける―モーニング・マネジメントのすすめ
朝10時までに仕事は片づける―モーニング・マネジメントのすすめ高井 伸夫

かんき出版 2002-12
売り上げランキング : 48610

おすすめ平均 star
star主張は理解できるが、ドライブがかかるものではない
star日経アソシエの早起き特集の方が、具体的
starモーニング・マネジメント???

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

※amazonの評価はあまり良くないですね・・・これと後図解版も出ています。

この本はあまり具体的な方法が載っているわけではないのですが・・・
とにかく、とてもアツイ本です。

高井さんは、朝の時間を繰り上げ、「午前10時までに一仕事終えてしまう」習慣が、
スピードと変化を求められる現代においては極めて重要といいます。

このような「モーニングマネジメント」のための造語が多数存在するのですが、
これがまた・・・アツすぎるんです。

【パワーモーニング】
 仕事の生産性を高め、一日の段取り設計を行うために重要な位置づけを持つ朝の時間帯。

【パワーブレックファースト】
 パワーランチは銀、パワーブレックファーストは金といわれる密度の高い朝食会議。

【モーニング・グッドバイ】
 十時にそれぞれの戦場へ出かける同僚たちに投げかける挨拶の総称。次にゆっくり会うのは明日の早朝だ。


・・・もうしびれまくりです!失禁寸前です!!

というわけで、私は今も「パワーモーニンガー」を実践しています。
今度はスコーンではなくココアフレークを楽しみに・・・

★今回の内容、気に入っていただけたら、
 ぜひご投票をお願いいたします!!


banner_red.gif
  
posted by サンシロー at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | はみだしコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

【コラム】マウスは極力使わない!

【コラム】

私のいた職場では、配属初めに受ける研修で、「パソコン技」をみっちり教えられました。
とにかく1日に処理しなければならない業務の量が多いのです。
外回りの営業にも関わらず・・・

「パソコン技」とは、ショートカットキーとか、OutlookやIEの使い方とか、
業務効率を上げるための、ちょっとしたテクニックのことです。

その際、講師の方から言われたことが、

「マウスを使わなければ使わないほど仕事は速くなる」

なるほどな〜と思いました。

例えば、キーボードでメールを打った後、マウスで左上の「送信」ボタンを押そうとすると、

・片手をキーボードから離して
・マウスまで持っていって
・ポインタを「送信」ボタンまドラッグして
・左クリック


これだけの動作が発生してしまうんです!

私の職場ではこの動作すら「ムダな動作」と言われました。

だから

[Alt]+[S]を押す。

以上。

同じようにアプリケーションの切り替えもマウスを使ってはいけないと教わりました。

[Alt]+[Tab]で切り替える。

知ってる方だとしごく当たり前のことなのですが、
これが結構使ってない方が多いんです・・・

こういう細かい動作を甘く見ずどんどん省略していくと、
チリツモ効果で社内業務がどんどん早くなっていくのです。

それにしても、マウス操作までやらせてくれないなんて、
ほんとに、ゆとりのない職場だったな・・・と思います・・・(しみじみ)

【ご参考に!】

■All About 「Windowsの操作にマウスはいらない」
 ガイド:内川 功一朗さん
http://allabout.co.jp/computer/pc4beginner/closeup/CU20060419A/index.htm

★今回の内容、気に入っていただけたら、
 ぜひご投票をお願いいたします!!


banner_red.gif
  
posted by サンシロー at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | はみだしコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

【コラム】通勤時間は立って読書を!

【はみだしコラム】

忙しい毎日なので、通勤電車の中は貴重な時間ですよね。

まわりの人たちを見ると、朝の通勤時間はやはり新聞派が多いですよね。
その次にケータイを見ている人、本を読んでいる人、ゲームをしている人という感じでしょうか。

あ、朝の通勤で一番多いのは「半分寝ている人」かもしれないですね。
連日の睡眠不足で、眠気と格闘しながら、吊革にかろうじてしがみついているような・・・

私も一時期、東京の郊外から2時間近くかけて通勤していた時期があるので、
あの辛さは本当によく分かります。
もう色々な感覚が麻痺していって、何も感じなくなっていってしまいます。

さて前置きが長くなったのですが、「今回は通勤時間をいかに過ごすか」です。

結論からいうと、ズバリ「立って読書をする!」ことをオススメしたいと思います。

この「立って」ということがポイントです。
そうです、たとえ座席が空いていても座らない方がいいのです。
なぜでしょう?

それは、「立っていたほうが多くカロリーを消費するから」です!

ちょっと意識してみると分かると思うのですが、電車の中で立っていると、
電車の揺れに抵抗してバランスを保とうと、結構色々な場所の筋肉を使っているんです。
足腰はもちろん、前後の揺れに対しては少し腹筋も使っていますよね。

このことについてAll aboutで、フィジカルトレーナーの柴田明さんが、
詳しい記事を書かれています。

http://allabout.co.jp/gs/mensexercise/closeup/CU20070402A/

なんと、通勤時間を立って過ごすだけで、座っている時の
2倍もカロリーを消費するそうです!


慢性的な運動不足のビジネスマンにとっては、
手軽にできて毎日続けられる最高のエクササイズですよね。

ちなみに、なぜ新聞ではなく、「本を読む」のかについては、
やはり新聞は場所を取るし、かさばるので通勤社内で読むには適さないからです。

そして何よりも、新聞は朝少しでも早起きして、家で読んできてしまうべきだと思うからです。
そうすれば、他の人が通勤社内で窮屈そうに新聞を読んでいる間に、
自分は既に新聞を読んでいて、更に読書で知識を得ることができてしまうのです。

それに朝新聞を読んできてしまえば、家族にも読んでもらって、
情報を共有できるというメリットもありますよ。

以上のような理由から、「通勤時間は立って読書を!」をオススメします!

★今回の内容、気に入っていただけたら、
 ぜひご投票をお願いいたします!!


banner_red.gif
  
posted by サンシロー at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | はみだしコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

【コラム】自分だけのブレーンを作ろう!

【はみだしコラム】

自分が気に入ったの著者の本は出版されたら全て読むようにしています。
興味に任せて乱読するのもいいのですが、そういう読み方では得られない収穫があるのです。

どういうことかというと、同じ著者の本を何冊も読み進めていくと、
少しずつですが、その人の思考パターンが身についてくるようになるのです。

そうなると、何か問題が生じた際に、「この人だったらこう考えるだろうな」と、
自分の頭の中で、その著者の考え方を想定して思考ができるようになってきます。

渡部昇一さんは、名著『知的生活の方法 (講談社現代新書 436)』の中で、
同じ本を繰り返し読むことについて次のように述べています。

知的生活の方法 (講談社現代新書 436)
知的生活の方法 (講談社現代新書 436)渡部 昇一

講談社 1976-01
売り上げランキング : 5880

おすすめ平均 star
star内容深い一冊
star知的生活への招待
star知的正直

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「このように繰り返し読むということの意味はどういうことなのだろうか。
それは筋を知っているのにさらにくりかえして読むということであるから、注意が内容の細かい所、おもしろい叙述の仕方にだんだん及んでゆくということになるであろう。
これはおそらく読書の質を高めるための必須の条件と言ってもよいと思う」(P.52)


渡部さんは、これを「筋を追うのとは違って、読む側の脳細胞を微妙に変えるらしい。つまり趣味が形成されてくるらしいのである」といいます。

同じ本を繰り返し読むと著者の思考パターンだけでなく、
もっと感覚的なものまで身についてくるというのです。

私は小説家でいうと夏目漱石が好きなのでほとんど全ての作品を読んでいます。
だから何か問題が起きた際は、「きっと漱石ならこう考えるはずだ」「こう感じるはずだ」と頭の中で考えます。
(もちろん実際には私のような凡人には、到底至らない思考しかできないわけですが・・・)

なんとなくでも著者の思考パターンが分かってくると、
まるで頭の中に「自分だけのブレーン」がいてくれているようでとても頼もしくなります。

★今回の内容、気に入っていただけたら、
 ぜひご投票をお願いいたします!!


banner_red.gif
  
posted by サンシロー at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | はみだしコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

【コラム】ビジネス書が売れる理由

【はみだしコラム】

アマゾンや書店のブックランキングを見ると、小説やタレント本などと並んで、
いつも上位に食い込んでいるのはビジネス書です。

最近は社長の語るコテコテの成功術系よりも、より身近な仕事術系や、
勉強術系が売れているような気がします。

ビジネス書が売れる理由って何でしょうか?

もちろんビジネス書というものは、仕事をする全ての人に有用なものだから、
という至極当然な理由があります。しかしも〜っと決定的な要因が他にあると思うのです。

それは、「読んでいて気持ちがいいから」だと思います。

ビジネス書とは、身近な仕事術系であれ、仕事に成功している著者が、
その成功したプロセスを分かりやすく書いたものだと思います。
そのため、読むと自分も成功したような気になって非常に気持ちがいい。

でも気持ちがよくなるだけじゃ・・・もちろんダメですよね。

文芸評論家の斎藤美奈子さんは、売れる本の特徴として、
「ゆるい、明るい、衛生無害」の3つを挙げています。

趣味は読書。 (ちくま文庫 さ 13-3)
趣味は読書。 (ちくま文庫 さ 13-3)斎藤 美奈子

筑摩書房 2007-04
売り上げランキング : 31304

おすすめ平均 star
starちょっと間抜けなベストセラー
star楽しい時間が過ごせると思います
star感服

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


実は大抵のビジネス書ってこの3法則に見事に当てはまってしまうんですよね・・・例えば、

・ゆるい:誰でも簡単に成功できる!
・明るい:成功すればお金持ちになって幸せになれる!
・衛生無害:世のため人のために尽くしていれば成功する!

しかし、ビジネス書がこの3法則に当てはまるからといって、
役に立たないということは絶対にありません!!

重要なことは、ビジネス書にはこれだけ「人を気持ちよくする仕組みがある」
と認識した上で、“少し構えて”つきあうことだと思うんです。


ビジネス書をただ気持ちよくなるだけのドラッグにしてしまうか、
日々実行し続けて少しずつ自分を改善していくためのサプリメントにするか、
それはやはり自分次第なのだと思います。

★今回の内容、気に入っていただけたら、
 ぜひご投票をお願いいたします!!


banner_red.gif
  
posted by サンシロー at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | はみだしコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。