2008年09月09日

【仕事の悩み】「営業」をやると総合的なビジネス力が身につく!

【お悩み】

このブログのページ別アクセスを見てみると、
「営業の基本を身につけたい」の記事が結構人気でした。

リファラを見てみると、「営業・悩み」などでGoogle検索していただいている方もいらっしゃいました。

やはり「営業」で悩まれている方は結構多いのかもしれません・・・
そこで今回は「営業」について少し書いてみたいと思います。

「営業」という職種は、本当にいろいろな業務が必要とされる、まさに「総合職」といえると思います。

「顧客に自社製品を販売し、会社に利益をもたらす」

これに伴うすべての付随業務をこなす必要がでてきます。

ざっと思いつくものだけ挙げてみても、こんなにあります(汗)。

 @顧客分析
 A顧客リスト作成
 Bアクションプラン作成
 C自社商品の勉強
 D他社商品の分析
 E資料作成
 Fテレアポ
 G訪問
 Hプレゼンテーション
 I交渉
 Jクロージング
 Kアフターフォロー
 L他の顧客の紹介を得る
 M受注管理
 N納品管理
 O請求管理


タイプによってはM〜Oあたりは必要ないかもしれませんが、それにしてもこの多さです。
私も営業時代を思い出してうんざりしてきてしまいました・・・(しみじみ)

しかし、裏を返せば、それだけ「総合的なビジネス力」が身につくということでもあります。
個人的な見解ですが、「営業」という職種をやると、次のようなスキル身につくと思います。

 ・コミュニケーション力(お客さんと意思疎通するため)
 ・ヒアリング力(お客さんのニーズを引き出すため)
 ・プレゼンテーション力(自社商品のメリットを伝えるため)
 ・交渉力(自分の希望とお客さんの希望の調整をするため)
 ・発想力(お客さん毎に「どのように売るか」考える必要があるため)
 ・商売力(モノの売り方が身につくため)
 ・文章力(メールでの営業活動も重要のため)
 ・忍耐力(血も涙もないお客さんが多いため・・・)
 ・体力(文字通り「動か」ないと話しにならないため・・・)


・・・と、まだまだたくさんあると思いますが、

要は、「営業」という職種は、本気でやれば、これだけ色々なビジネススキルを身につけることができるということです。

しかし、求められるスキルが多いだけに、それだけキツイ仕事であることも確かです。

就職情報サイトなどを見てみると、「営業職」は「一般事務」などに次いで求人の多い職種のようです。
それだけ、誰もやりたがらない、やったとしても長続きしない・・・ということなのかもしれません・・・。

そこで、このブログでは今後、「営業関連のビジネス書」を、
少しプッシュ気味で紹介していきたいと思います。
(といっても私の気分次第のためどれほど紹介できるか分かりませんが・・・汗)

「営業」をやると総合的なビジネス力が身につく!をモットーに、
今営業職をやっている方に役立つ本を紹介していきたいと思います。

★今回の内容、気に入っていただけたら、
 ぜひご投票をお願いいたします!!


banner_red.gif
  
posted by サンシロー at 10:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 営業の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。