2008年08月26日

【仕事の悩み】パソコン操作を速くしたい

【お悩み】

前回の「パソコン操作」の続きです。

仕事量がそれほど多くないのに、深夜まで働いている人がいます・・・
私もその一人だったので、人のこと言えないのですが・・・(汗)

職場で仕事が遅い人を観察してみたことがあるのですが、共通して見られるのは、
やはり「無駄なパソコン操作が多い」ということです。

前回の記事でも書いたのですが、
ショートカットキーを使わずマウスで操作してしまったり・・・

Outlookの受信ボックスの整理が出来てなくてパンパンで、
無駄な上下スクロールを延々と繰り返してしまっていたり・・・

Exelで資料を作るにも、セルの中での改行の仕方を知らず、
スペースキーと何度も叩いて調整してしまっていたり・・・

そうこうしている内に気がつくと今日も終電間近・・・
やるべき仕事も終わっていない・・・

【効く!サプリ】

前回の記事でも取り上げた「ショートカットキー」など、
即座で実践できるカンタンなテクニックが多数紹介されているのが、
中山真敬さんの『たった3秒のパソコン術』です。

たった3秒のパソコン術―読むだけで別人! さらに「仕事が速い自分」「頭の回転が速い自分」 (知的生きかた文庫 な 30-3)
たった3秒のパソコン術―読むだけで別人! さらに「仕事が速い自分」「頭の回転が速い自分」 (知的生きかた文庫 な 30-3)中山 真敬

三笠書房 2008-04-21
売り上げランキング : 289

おすすめ平均 star
star職場に1冊あっても良いのではないか
starいわゆるショートカット説明本です
star今読むか,ずっと読まないか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【目次】

 1章 仕事が速くなる「3秒」
    ◆仕事ができる人ほど「マウスを使わない」

 2章 画面を効率的に見る・動かす「3秒」
    ◆時間を上手に使う人は「ショートカットキーを使う」

 3章 パソコンがグンと使いやすくなる「3秒」
    ◆頭がいい人だから「ダブルクリックを使い分ける」

 4章 インターネットがさらに便利になる「3秒」
    ◆ムダのない人は「すべての作業をグーグル化する」

 5章 メールをもっと使いこなす「3秒」
    ◆仕事ができない人ほど「使わないキーが多い」

 6章 ミス&トラブルと無縁になる「3秒」
    ◆トラブルに強い人は「リセットしない。前に戻る」


ショートカットキーを中心に全部で93個のテクニックが紹介されています。

ちなみに私が使っているオススメ技はこちら。

 斜線・下線・・・・・・「文字にサッとメリハリをつける」法
  
  ・Ctl + B = 太字
  ・Ctl + I = 斜字体
  ・Ctl + B = 下線付き


あれれ!?そんなの知ってるよ!って方も多いかもしれません。

しかし私は知らなかったんです・・・

ボルドにする時も、イタリックにする時も全部キーボードから
いちいち手を離し、マウスでボタンをクリックしていました。
これでどれだけムダな時間を費やしてきたことか・・・

パソコン技ほど簡単に身につけられて仕事をスピードアップできる
テクニックは他にないと思います。

早く身につけて習慣化したほうが絶対にオトクです!

【効く!コトバ】

「キーボードを使っているときは『キーボードを使う』。マウスを使っているときは『マウスを使う』―というのが基本的な鉄則。ケース・バイ・ケースで最速ワザを使えるようになれば、社内でも一目置かれるようになるはずだ」(P.4)

↓↓↓↓↓ 気になった方はコチラ!
たった3秒のパソコン術

★今回の内容、気に入っていただけたら、
 ぜひご投票をお願いいたします!!


banner_red.gif
  
posted by サンシロー at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネススキルの悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。